メニュー 閉じる

これが韓国だ いくら自己肥大な韓国でも過去においても未来

これが韓国だ いくら自己肥大な韓国でも過去においても未来。太平洋戦争の降伏式の艦上にペリーが掲げた星条旗←これ。もういくら自己肥大な韓国でも過去においても未来永劫においてもって絶対必要なんだから、3日98円出して「いくら自己肥大な韓国でも過去においても未来永劫においても」で勉強し。今、ハワイに滞在していて
今日真珠湾にあるミズーリ号に見学に行きました
よくもこんなところにまで日本軍は来たものだ
韓国?中華人民共和国がここまで来る意思も能力もなかったし 今後もありえないと
思いました
いくら自己肥大な韓国でも過去においても未来永劫においても
零戦や赤城を作る力は絶対にありえないと思いました
なんと我々は恐ろしいすごい民族だと実感しました
そこでつくづく考えました

林房雄氏がおっしゃっているように
さきの太平洋戦争は
ペリーの来航にその発端があり
石原莞爾氏が言うように最終戦争として
日米の激突は定められていたのではないですか
ただ日本が
日清?日露の戦いに勝ち
超大国にはなったために
日米の太平洋の覇権を争ってあのような
200万人日本人が死んだ激突になったのではないでしょうか

ご意見お叱りをお願いしますなぜ韓国は未来永劫幸せになれないのか。「日帝年」は。朝鮮半島の歴史の中で実は一番安定した豊かな時代だった。
それなのに韓国人に千年も恨まれるのは何ゆえか。そもそも韓国人とはいかなる
民族なのか? 韓国は唐以来

【レビュー】いくら自己肥大な韓国でも過去においても未来永劫においてもが仕事で使い倒してるフリー日本語フォント46選。12。だが彼らは。呪いが過去へ過去へとひろがって行き。その罪のよろこびをも汚染
してしまうことを。夢にも思わないのだ。神の栄光をたたえよとの命令
において。神はご自身を喜ぶようにと私たちを招いておられるのです。信。
信仰。信頼。人が成し得る最大の事業は自己を忘れ自己に死し。神を信じ。神に
依り頼みて生きることなり。私はキリスト教を転覆するような歴史的事実の
挙がる時は未来永劫けっして来ないと思います。いくら考えても。行動できる
わけではない。なぜ韓国は未来永劫幸せになれないのか。なぜ韓国は未来永劫幸せになれないのか ライブラリに追加 著者; 黄文雄 著 出版
社; ビジネス社 買取価格 税込 姉妹サイト 。 チャリボン も同じ価格です
本の状態や時期によって価格は変動いたします。 査定金額は。実際の買取金額

これが韓国だ。これまで日本は。韓国に公式謝罪を何度も繰り返してきているが。これでは「
心からの謝罪」がいくらあっても足りない。未来永劫えいごう。日本は韓国
に謝り続けなければならないということだ。 日韓合意で日本は。

太平洋戦争の降伏式の艦上にペリーが掲げた星条旗←これ。ペリー艦隊の旗艦ポーハタン号に掲げられていた31星の星条旗だった!少なくともアメリカは、そこにある種の太平洋戦争に繋がる因縁を持ってたってのは確かでしょう。定められてたかは何とも言えないが、大きな流れとしてどこかいつか対峙する予感めいたものはあったと思う。無論、日清?日露の戦いに負けてりゃそれどころの騒ぎでは無い。下手したら植民地って可能性もありえた日英同盟絡みがどう影響するかもあるから、そう単純ではないだろうにせよ。無論、こじつけと言えばそうなんだろうけど?o○しょっぽクン民主化の波の中、日本では自由民権運や大正デモクラシーなどがあったにもかかわらず、民主主義思想を国内で具現する事は当時の日本人では不可能だった。その為、敗戦により他国から民主化して貰う為の戦争だった。なんて言うのは戦争を実体験せず現在の民主国家としての日本に生まれ戦争を歴史として見る冷たい歴史家 思想家の発想ですかね。戦争で犠牲になられた方々には失礼な考え方ですが、敗戦があったからこその民主主義だと、敗戦があればこその今日の平和だと、その礎になられたのだと、そう思う事で過去の犠牲者たちがムダではなかったと、そう思う事が犠牲者たちに報いる事ではないかと勝手に思う事にしています。中国や朝鮮半島では自国で民主化する能力もなければ、民主国家に敗北して民主化する事もしていませんので、正しく民主化する事は難しく、民主化した韓国ですら歪んだ民主国家だという風に思えます。まぁ、それを言い出すと日本の民主主義も歪んで見えますがね。山本五十六は対米戦争について「負けるに決まった戦争をする馬鹿がいるか!」と大反対でしたが、東條英機を筆頭に多くの馬鹿がいて負けるに決まった戦争を始め、これ以上は無理と言うほど惨めにコテンパンに叩きのめされて明治の先達が営々と築き上げた大日本帝国を潰し、310万人200万ではないの同胞を殺してしまいました。零戦や赤城も結構ですが、軽薄で夜郎自大な指導者を持った当時の日本人が可哀想です。なお、私は頭が悪いのでペリー来航と太平洋戦争の関係がさっぱり分かりません。日本は鎖国の江戸時代が続いていた方が良かったのでしょうか?一つの原因は大攘夷という思想言うようにペリーへの対応の不味さから攘夷思想が始まった幕末は小攘夷だったのが維新を迎え大攘夷という思想に変わっていく日本が鎖国でなければ、違う結果になっていただろうと思われる大東亜戦争は、どのように起こったのか理解する必要があります。 1933年3月に大統領に就任したフランクリン?ルーズベルトは、1929年10月に起きた大恐慌を克服するために、全体主義的経済政策ニューディールを実行しました。 1933年の失業率は25.2%だったのが1937年には14.3%に下がったものの、政府債務の累積を憂慮する財政均衡主義者の声に押されて、1938年に連邦支出を削減した結果、GNPは6.3%減少し、失業率も19.1%まで跳ね上がりました。 ケインズは、「ニュー?リパブリック」誌で「私の説の正しさを証明できるに十分なほどの財政支出は、戦争でもない限り不可能だ」と表明しています。 一方、ルーズベルトより2ヶ月先に政権の座に就いたヒトラーは、全体主義的経済政策を行い、45%の失業率を第2次世界大戦前に20分の1にすることに成功しました。 ヒトラーは1939年9月にポーランドに侵攻して第2次世界大戦が始まりました。ユダヤ人をスケープゴートにすることでドイツ民族は一致団結しました。 ニューディール政策に行き詰まっていたルーズベルトは、日本人をスケープゴートする事でアメリカ国民を一致団結させ、無制限な財政支出を可能にしようとしました。 アメリカ国民の圧倒的多数は、外国の戦争に介入することには反対でした。そして議員のほとんども伝統的な孤立主義者でした。 1941年6月にスターリンとの隠然たる同盟関係になった。翌月日本に対して全面的な経済制裁が始まった。 1940年9月に日独伊三国同盟成立の翌月、海軍情報部極東課長アーサー?マッカラム少佐が、ABCD米国,英国,中国,蘭包囲網と呼ばれる策略を練り、石油の対日全面禁輸などの経済封鎖を行い、戦争以外に選択肢がない窮地へと日本を追い込みました。 日本はこれを解消すべくアメリカと交渉を続けましたが、アメリカ側は機密文書の暗号を傍受?解読し、日本の手の内を見ながら、日本側が絶対に受け入れることができない「和平案」ハル?ノートを提出しました。これは、アメリカが日本に突きつけた事実上の宣戦布告でした。 このハルノートを作成したのは、元財務次官のハリー?デクスター?ホワイトで、ソ連のスパイコミンテルン国際共産主義でした。その時のルーズベルト大統領政権には300人以上のコミンテルンがいた事がヴェノナ文書により明らかになっています。※ヴェノナ文書:アメリカは1940年からのコミンテルンとの無線傍受した暗号を37年かけて解読し、1980年に完成しました。 第31代大統領の共和党のフーバーは、ソ連を国家承認せず、「日本はアジアにおける防共の砦」と言っていましたが、1932年ルーズベルトに政権交代するとソ連を国家承認し、反日的姿勢になってしまいました。 フーバーは、ルーズベルトを指して、「太平洋戦争は「対独戦に参戦する口実を欲しがっていた『狂気の男』の願望だった」と指摘しています。 真珠湾攻撃の計画も立案時点でアメリカ側に漏れていましたが、ハワイに駐在するアメリカ太平洋艦隊に日本軍の奇襲攻撃計画の情報を送らなかったばかりか、連合国側の船舶の北太平洋地域での航行を禁止して奇襲攻撃が事前に太平洋艦隊に悟られないようにし、12月8日の真珠湾攻撃は大成功となりました。 開戦直前、ルーズベルトは天皇に戦争阻止のための親書を呈上しましたが、「アメリカは平和を望んだのに、ジャップは一方的に奇襲してきた」ことを国民に印象づけるための演出でした。ルーズベルトの芝居は成功し、議会はほぼ満場一致で対日参戦に賛成し、国民は「リメンバー?パールハーバー」を合い言葉に積極的に兵役に志願しました。アメリカ連邦政府の財政支出は、真珠湾攻撃があった1941年には205億ドル、42年には516億ドル、43年には851億ドル、44年には955億ドルと無制限に増え、挙国一致の戦争ケインズ主義のおかげで、アメリカは恐慌から脱出することができました。 フランクリンルーズベルトの母親サラ?デラノは、中国とアヘンを含む貿易を手広く行って財を為していた事もあり、親中派でした。妻エレノアは、共産主義シンパで日本人に対して人種差別発言をしています。蒋介石の妻である宋美齢は、フランクリン?ルーズベルト大統領やその妻エレノアと親密な関係を構築し、アメリカからの有形無形の軍事援助を引き出し、日中戦争中から第二次世界大戦の初頭にかけて日本軍と対峙した「アメリカ合衆国義勇軍フライング?タイガース」の設立や中華民国空軍の近代化に大きく貢献していました。 つまり、真珠湾攻撃の前に、米国は日本と戦争をしていた事になります。 中国では、国民党蒋介石と、共産党八路軍毛沢東が支那全土で内乱を繰り広げていました。に共産党八路軍は、盧溝橋で実弾を持たず夜間演習をしていた日本軍とすぐ近くにいた10万人の蒋介石の国民党軍に相互に発砲し、交戦状態を仕掛けました。双方腑に落ちない点があり、事件発生5日後には日支両軍は停戦協定を結んでいます。 盧溝橋事件が起きた翌日7月8日、支那共産党は「対日全面抗戦」を呼び掛けました。周恩来首相は、1949年の中華人民共和国成立日に盧溝橋事件は共産党軍が双方に発砲し、停戦協定を妨害したと演説で説明しています。 一方、日本では、に近衛文麿は首相に就任した3日後、盧溝橋事件が起こりました。陸軍は不拡大の方針で7月11日に現地停戦協定を結びましたが、近衛文麿は「北支派兵声明」を出し、政財界やマスコミに挙国一致の協力を訴え、強硬に軍事介入の必要性を訴えました。 結果、盧溝橋事件が「北支事変」、「支那事変」から「日中戦争」になってしまいました。 また近衛文麿は、国家総動員法成立、日独伊三国同盟により英米を敵に回し、ソ連とは中立条約を結み、第二次世界大戦の準備を整えました。参謀本部第一部長だった石原莞爾は、対ソ警戒を理由に中国大陸での軍事行動に絶対反対しましたが、失脚させられました。 朝日新聞尾崎秀実がソ連のスパイ容疑で逮捕された四日後、近衛文麿は政権を投げ出し、東條英樹陸軍大将が首相を引き継ぐ事になりました。その時には既に日米対立は決定的になっていました。※近衛文麿は京都帝国大学でマルクス経済学に傾倒した河上肇に学びました。近衛文麿の政策研究団体である昭和研究会の理念はマルクス主義を基にし、メンバーは尾崎ら共産主義者と企画院グループの「革新官僚」によって構成されていました。※中国の辛亥革命へ参加した社会運動家である北一輝の影響を受けた、若手将校たちが二?二六事件を起こしました。 結果、日本が大東亜戦争を引き起こしたのではなく、日本と戦争したかった米国ルーズベルト大統領と、コミンテルンにコントロールされた近衛文麿や朝日新聞の尾崎秀実及び戦争プロパガンダをした朝日新聞が、日本を陥れたと言えるのではないでしょうか。 岸信介元首相は、「支那事変を長期化させ、日支和平の芽をつぶし、日本をして対ソ戦略から、対米英仏蘭の南進戦略に転換させて、遂に大東亜戦争を引き起こさせた張本人は、ソ連のスターリンが指導するコミンテルンであり、日本国内で巧妙にこれを誘導したのが、共産主義者、尾崎秀実であった」と言っています。 事実、コミンテルン第7回大会1935にスターリンが砕氷船理論の発動を指示したと言われています。※砕氷船理論:ドイツはフランスとイギリスを戦わせ、日本は蒋介石の中国と戦わせよ。米国の参戦で日独が敗北し、共産主義陣営にする。 アメリカは自由と民主主義を全世界に広めることが神からの使命と認識しています。日本古来の制度?精神は、アメリカ的民主主義に反します。?海上権力史論アルフレッド?セイヤー?マハン;米国海軍:日露戦争後日本海軍をどう潰すか?黄禍論:19世紀半ばから20世紀半ばにかけて米?独?加?豪などの白人国家で起こった黄色人種脅威論?日本経済を殲滅せよエドワード?ミラー:第二次世界大戦前夜の米国による対日経済戦略のすべて?日本人学童隔離事件1906年:100名に満たない日本人生徒が公立小学校からの転校を余儀なくされた。?排日移民法1924年:米国の移民の上限を規定し、日本人排斥につながった。 GHQは日本国憲法で個人の尊厳で個人主義にしようとしましたが、犠牲的精神は残りました。戦争を美化する必要はありませんが、事実は正しく理解する必要はあります。そろそろ、GHQに洗脳された自虐的な歴史観から脱却する必要があるのではないでしょうか? 詳細は、以下のページを参照して下さい。[大東亜戦争に込められた想い][だまし討ちをしたのはアメリカ!][共産主義者の大東亜戦争責任]最近、中国海軍は急速に強化され、既に空母打撃群を編成し、第一列島線を越えている。遼寧みたいなポンコツではなく、自国で空母を建造中で原子力空母も建造する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です