メニュー 閉じる

初等幾何公理系の一試案 OA上にOP:PA=3:1となる

初等幾何公理系の一試案 OA上にOP:PA=3:1となる。内分か外分がわかりづらいです。【驚愕】ねこが「これは読んどけって」5chのOA上にOP:PA=3:1となるような点PAB上にAQ:QB=2:1となるような点Qをとりを教えてやる。数Bベクトルの自作問題です ぜひ解いてみてください
一辺の長さが2の正四面体OABCがある
OA上にOP:PA=3:1となるような点P、AB上にAQ:QB=2:1となるような点Qをとり、 OCの中点をSとする また、∠PQR=90°となるようにOB上に点Rをとる このときできる四面体PQRSの体積は四面体OABCの体積の何倍か
解答お待ちしております OA上にOP:PA=3:1となるような点PAB上にAQ:QB=2:1となるような点Qをとりの画像をすべて見る。初等幾何公理系の一試案。定しない.2辺夾角合同公理を仮定し,3辺合同定理や平行線公理から相似条件
を導く.幾何教育は,そのような教員を育てるために機能 しなくては
ならないであろう. .公理的初等幾何が果たすべき役割.直線
に関する公理 公理3 直線は全順序集合である. 公理4 点Pが直線上の点である
とき,Pを挟む ような2点が。=。であるとき,,は同一の
∠=∠かつ=となる点を反対を取り,直線に対しと反対
側に⊥,

19。辺の長さがである正四面体において,辺, 上にそ れぞれ
= , = となる点, をとる次の 問いに答えよ。
の値を求めよ の面積を求めよ

内分か外分がわかりづらいです。「OA上にOP:PA=3:1となるような内分点P、AB上にAQ:QB=2:1となるような内分点Qをとり、 OCの中点をSとする。」としたほうがわかりやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です