メニュー 閉じる

日航機墜落 日航機墜落事故は自衛隊や米軍による誤爆事故だ

日航機墜落 日航機墜落事故は自衛隊や米軍による誤爆事故だ。情報公開はしていますが、陰謀論の方の解釈が、おかしいです。日航機墜落事故は自衛隊や米軍による誤爆事故だったということがネット上でささやかれていますが本当なのでしょうかを34年以上使ってきたねこが気を付けていること。日航機墜落事故は自衛隊や米軍による誤爆事故だったということがネット上でささやかれていますが、本当なのでしょうか もし本当なら、日本政府はすべてを情報公開し対応しなければならないと思います 真実が私は知りたいです 情報をお持ちの方教えてください よろしくお願いいたします 日航機墜落。待機命令に反して怪我人救助を急いだ自衛隊員人射殺? その後。放送で。
御巣鷹で発生した便の日航機墜落事故の真相を追います。乗客
乗員人が犠牲になった年の日航ジャンボ機墜落事故を巡り。遺族の一部
日航ジャンボ機 便御巣鷹山墜落 米軍戦闘機による。誤射であり。日航米軍機事故報告書について。米軍機事故報告書について 日航機墜落事故は自衛隊や米軍による誤爆事故だった
ということがネット上でささやかれていますが。本当なのでしょうか?もし本当

日航機墜落事故は自衛隊や米軍による誤爆事故だったということがネット上でささやかれていますが本当なのでしょうかの基本 大切だけど、だれも教えてくれない50のルール。日航機墜落事故。日航機墜落事故 自衛隊員 射殺 – フロア?床クリーニング – 奈良県のビル
メンテナンス?ハウスクリーニングを行っている清掃会社です。店舗?当時
日本航空に勤務していた元客室乗務員が日航機墜落事故の真相に迫ったシリーズ
新作。『日航便墜落 遺物は真相をが当たったという説について考察します
!; ミサイルの証拠となる遺体はすべて自衛隊の特殊部隊が持ち帰っていた?
果たして。この事件にはいったいどんな秘密が隠されているのでしょうか。川上。スポンサード?リンク 日航機墜落事故の被害者川上慶子さんと 便機長の娘
高濱洋子さんのその後の証言 日航機墜落に 苦難の日々を過ごした人の中には
事故の被害者の川上慶子さん。 便の機長の娘だった高濱洋子さんが 存在する
。経験者から。事故原因の究明に重要な要素である垂直尾翼の破壊過程が十分
に解明されていないという意見が出た。能が弱まるのを待っていたからだ
ということで。早くから現場に飛来し救助のため地上に降りようとしていた米軍
が突然

日航123便墜落。日本航空便の御巣鷹山墜落事故調査報告書%圧力隔壁だとは宣言してい
ない。ぼかしているはなんとかしろと言うことだと言ったらしい。ネットに
書かれている追尾していたファントム二機を目撃していた人も〇〇隊の
不祥事が世間に知られるので〇〇隊ファントムが米軍横田基地に着陸を阻止した
。ミサイル発射したのは一発ではないと思います。なぜかというと御巣鷹の
尾根の上でミサイル破片の回収作業していた。123便壊れ方がひどい。

情報公開はしていますが、陰謀論の方の解釈が、おかしいです。陰謀論:「フライトデータを一部しか開示してない」報告書:「フライトデータレコーダーで墜落時に傷のない部分は全て開示しています。衝撃音のあった時間は、外部気温以外のデータは残っていて開示しています」減圧に関しては、事故報告書解説で説明されていて、B747のような大型機では減圧がゆっくり起きる事、エアコンにより温度が急には下がらない事、過去の事故でも急減圧がなかった事が説明されています。陰謀論のほとんどは、事故報告書を基に批判していますが、事故報告書解説には反論できていません。事故報告書、事故報告書解説は誰でもダウンロードできます。行きます対艦ミサイルというミサイルで落ちたと言われていますが船を狙うようなノロイミサイルでは飛行機は落とせませんしもしたまたま当たったとしても機体は粉々で跡形もなくなりますよって嘘です①オレンジエアで検索しても出てくるのは日航機の墜落事故の陰謀論ばかりです。標的機をオレンジエアと呼ぶ慣例など自衛隊にも民間の航空会社にもありません。②相模湾に居た護衛艦「まつゆき」は海上公試中でした。これは機関全速で何ノット出るのかとか、過負荷定格時間内で故障しないかなどを”造船会社”が試験するものです。まつゆきの自衛艦としての就役は1986年のことで、この1985年8月時点ではまだ自衛艦ではありません。よってミサイルの誘導試験などやっているはずもないし、そもそも武装は非搭載です。③無人標的機のファイア?ビー、チャカIIの運用には訓練支援艦「あずま」が必要だが、当日は呉広島県に居たため相模湾で標的機を運用できるはずがない。これだけの事実を無視して「事故当日、相模湾で、海上自衛隊が実施していた誘導ミサイルの検証実験中の事故に巻き込まれたために、発生したと考えられます。」などと書くバカがいることに呆れを禁じえません。真相は国土交通省の運輸安全委員会が出している報告書の通りですこの時期になると何とかの一つ覚えの質問者が出るのはなぜ?そういう情報を信じて「誰が得をするか?」を考えてください。損をするか、じゃなくて。整備不良で、事故の責任、賠償の責任のあるロッキード社が、責任追及から少しでも逃れられるように。の日航123便墜落事故について、事故当日、相模湾で、海上自衛隊が実施していた誘導ミサイルの検証実験中の事故に巻き込まれたために発生したと考えられます。生存者の方の証言、クルーが酸素マスクを着用しないで、20分程度、高度約7000?を維持したまま、操縦を継続したこと、機内を撮影した写真、乗客の方が遺書を書ける状況であったこと等から、日航機内に、頑強な垂直尾翼を破壊するような空気の流れは発生しなかったと思われます。異常事態直後、機長は、気圧のことには言及しないで、「まずい、何か、分かったぞ。」と発言した上で、「ギア、見て、ギア」と指示していますけれども、これは、減圧兆候が見受けられなかったためであり、作動したのは、客室高度警報音ではなく、車輪の異常を報せる離陸警報音であったと考えられます。日航機は、機体を安定させるために車輪を出し、山梨県大月市上空で右旋回をしながら高度を下げ、横田基地への緊急着陸体制に入っていましたが、機長が、「これは、駄目かも、分からんね。」と発言した辺りから、北西に進路を変更し、秩父山岳地帯に向かって行きます。これについて、機体を、完全には制御出来ない以上、地上で二次災害を発生させる恐れがあるとして、断念したと思われます。山腹への不時着でありながら、事故直後には、衝撃が緩和された後部座席を中心に多数の方が生存し、結果的に4名の方が救出されたのですから、最後まで諦めなかったクルーの姿勢は、高く評価させるべきであると考えます。長野県川上村梓山地区に住む女性からの通報、米軍C?130輸送機の搭乗員及び航空自衛隊員からの連絡により、事故直後に現場は特定されていましたが、北西に8.5㎞離れた長野県御座山が事故現場であると、誤った情報を流すことにより、意図的に救助活動を遅らせ、証拠隠滅を図っていたと思われます。事故翌朝、午前8時49分に、空挺部隊習志野が、現場に降下していますが、もっと早く救助活動を行っていれば、多くの方の命を救うことは可能であったと考えられます。日本航空は内外で複数の事故を起こしていますが、そのような事実無根の噂が流布されているのは1985年の123便事故だけと思われますので、この事故を前提に返答します。それであれぱ、情報を持っているのでキチンと答えましょう。質問者様の仰ることは、本当ではありません。質問者様のご指摘のように、この事故について日本政府はキチンと情報公開していますょ。国土交通省の運輸安全委員会のサイトへ行けば、この事故の事故調査報告書をダウンロードして読むことが出来ます。この報告書は、本事故について唯一の科学的調査と解析を行った結果をまとめたものです。うそですよフライトレコーダで記録されてたでしょう油圧系統が少しずつ破損していったんですよ。ミサイルだったら衝撃や音で、誰かがそれを手紙や声で記録してますよ。隔壁が損傷してその破片が内部から油圧系統のどこかを破壊したという結論でしたよね。これを教訓として、一部が破損しても別系統でコントロールできるように改善されたはずです。そんなの嘘ですよ。まさか信じちゃったんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です