メニュー 閉じる

熱力学における可逆?不可逆の理論 熱力学の問題でゆっくり

熱力学における可逆?不可逆の理論 熱力学の問題でゆっくり。ゆっくりピストンを押し込むとは大抵は等温過程を意味します。段ボール58箱の熱力学の問題でゆっくりピストンを押し込むと言う記述は機械的に断熱圧縮だと覚えていたんですがが9万円以内になった節約術。物理

熱力学の問題で「ゆっくりピストンを押し込む」と言う記述は、機械的に「断熱圧縮」だと覚えていたんですが

今日テストで「素早くピストンを押し込む」という条件があり、それも「断 熱圧縮」でした

今一度断熱圧縮が起こる条件を知りたいのですが、どうして上の2つとも断熱圧縮になるのでしょうか
また他にも断熱圧縮になる操作はあるのでしょうか 素早くピストンを引く断熱操作では温度が上がる。番の操作は。引く場合気体が膨張するも押す場合気体が圧縮するも
ゆっくり行っているので。準静的過程です。 しかも。断熱容器なので熱の出入り
もありません。 この場合は。下記の熱力学の問題でゆっくりピストンを押し込むと言う記述は機械的に断熱圧縮だと覚えていたんですがの画像をすべて見る。

熱力学における可逆?不可逆の理論。それはその本を著すときに既に予想していたことで,だからこそ問題となる概念
につ断熱系 は外部系 と機械的仕事を通じてのみ相互作用する.は「
ゆっくり」でも不可逆のものがいくらでもあるという事情のためだろう.なし
には熱力学的変化過程を定量的に記述することはほとんどできないだろう.実際
まま可逆圧縮過程 → に使うことで, は元に戻り,同時に外界 も元
の状例 図 の理想気体の自由膨張に対してピストンで戻す過程を
考える.

ゆっくりピストンを押し込むとは大抵は等温過程を意味します。周囲と熱のやり取りをする時間があるので、ピストンが動く仕事による温度変化を打ち消して、温度が一定になります。素早く押し込んだ場合は断熱圧縮です。周囲との熱のやり取りが行われるより速くピストンが動くので、断熱材がなくともその過程だけ断熱として扱うことができます。bas********さん「断熱」とは、変化の速い?遅いではなく、「周囲と熱のやり取りをしない」ということです。すばやい変化は、周囲と熱のやり取りをする間がなく、断熱変化になりやすいですが、ゆっくりした変化でも、周囲を断熱材で覆っておけば、断熱変化になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です