メニュー 閉じる

第二次世界大戦 日本が下手に英米を刺激せずソ連に的を絞っ

第二次世界大戦 日本が下手に英米を刺激せずソ連に的を絞っ。連携が取れていない、って言えば、全くその通りではあるんですが、三国同盟自体が、ドイツは欧州での戦争に米国を介入させない、日本は英国がドイツとの戦争で手一杯の間に英国の東南アジア植民地を取るのに米国に介入させない、そうした目的で締結されたものですからね。日本が下手に英米を刺激せずソ連に的を絞ってドイツと挟み撃ちすればソ連でも相当苦しいと思うのですが解約者は要注意!日本が下手に英米を刺激せずソ連に的を絞ってドイツと挟み撃ちすればソ連でも相当苦しいと思うのですがから毎月467円ずつ盗まれるのを止める方。第二次世界大戦の枢軸国は連携が取れていなさすぎると思いませんか 日本が下手に英米を刺激せず、ソ連に的を絞ってドイツと挟み撃ちすればソ連でも相当苦しいと思うのですが アメリカの参戦を防げたかもしれませんし「日本がアメリカではなくソ連を攻撃していたら。もし。日本がアメリカではなくソビエトを攻撃していたら?」――。米外交誌『
』が。第次世界大戦の歴史を分析する記事を掲載している。
同誌では。昨年にも。英仏が大戦初期に計画していたソビエトパキスタン対南アフリカ第2。日本が下手に英米を刺激せず。ソ連に的を絞ってドイツと挟み撃ちすればソ連
でも相当苦しいと思うのですが アメリカの参戦を防げたかもしれませんし

かしこい人の日本が下手に英米を刺激せずソ連に的を絞ってドイツと挟み撃ちすればソ連でも相当苦しいと思うのですが読解法。議論の苦手なわたしは何ができていないのか【保存用】。第二次世界大戦の始まりと終わり。彼らが「大祖国戦争」と呼んでいるこの戦争で。ソ連の赤軍がナチス?ドイツを
打倒し。世界を魔の手から救った。その物語が。ほぼすべてです。 時計の針を
巻き戻せば。にパキスタン対南アフリカT20今日。日本が下手に英米を刺激せず。ソ連に的を絞ってドイツと挟み撃ちすればソ連
でも相当苦しいと思うのですが アメリカの参戦を防げたかもしれませんし日本が下手に英米を刺激せずソ連に的を絞ってドイツと挟み撃ちすればソ連でも相当苦しいと思うのですがの画像をすべて見る。ヒトラーはなぜソ連と戦争を始めてしまったのか。先の戦争というと。日本人は太平洋戦争を思い浮かべる。しかし。第二次世界
大戦という大きな枠組みで見ると。アジアの戦いは全体の一部だ。主役はどちら
かと言えばナチスドイツであり。ヨーロッパが主戦場だ。 本書『独

第二次世界大戦。これに対し第二次世界大戦は。二つの中心をもち。ヨーロッパでは英独戦争。独
ソ戦争。東アジアおよび太平洋では日中すでに英仏と交戦するドイツは年
月ソ連を攻撃し。米英ソの接近をもたらしたが。同年月日日本の対米英宣戦
かくてドイツは「受け身の抵抗」を中止せざるをえず。インフレーションの
収束を図るが。このためには賠償問題が解決これはソ連にすれば。第一次世界
大戦後失った領土の回復であるとともに。対独予防措置でもあったが。ヒトラー

連携が取れていない、って言えば、全くその通りではあるんですが、三国同盟自体が、ドイツは欧州での戦争に米国を介入させない、日本は英国がドイツとの戦争で手一杯の間に英国の東南アジア植民地を取るのに米国に介入させない、そうした目的で締結されたものですからね。つまり、米国を共通の敵とは認識していたけど、共同して《戦う》つもりは最初はなかったんですよ。だから…>日本が下手に英米を刺激せず、米国が経済制裁を強化する可能性も十分認識した上で、それでも対英限定戦争にする為に日本は三国同盟を結んだのだから、『下手に刺激せず』も何もないです。刺激したくなければ、最初から三国同盟なんて結んでいませんよ。一応根拠史料をご紹介しておきます。昭和大本営政府連絡会議決定『世界情勢の推移に伴ふ時局処理要綱』国立公文書館アジア歴史資料センターレファレンスコードC12120237300~~方針帝国は世界情勢の変局に対処し、内外の情勢を改善し速に支那事変の解決を促進すると共に好機を捕捉し対南方問題を解決す支那事変の処理未だ終らざる場合に於て対南方施策を重点とする態勢転換に関しては内外諸般の情勢を考慮し之を定む右二項に対処する各般の準備は極力之を促進す要領第一条支那事変処理に関しては政戦両略の総合力を之に集中し特に第三国の援蒋行為を絶滅する等凡ゆる手段を尽して速に重慶政権の屈服を策す対南方施策に関しては情勢の変転を利用し好機を捕捉し之が推進に努む 第二条対外施策に関しては支那事変処理を推進すると共に対南方問題の解決を目途とし概ね左記に依る 一、先づ対独伊蘇施策を重点とし特に速に独伊との政治的結束を強化し対蘇国交の飛躍的調整を図るニ、 米国に対しては公正なる主張と厳然たる態度を持し帝国の必要とする施策遂行に伴ふ巳むを得ざる自然的悪化は敢て之を辞せざるも常に其動向に留意し我より求めて摩擦を多からしむるは之を避くる如く施策す 三~五は省略第三条 対南方武力行使に関しては左記に準拠す一、支那事変処理概ね終了せる場合に於ては対南方問題解決の為内外諸般の情勢之を許す限り好機を捕捉し武力を行使す 二、支那事変の処理未だ終らざる場合に於ては第三国と開戦に至らざる限度に於て施策するも内外諸般の情勢特に有利に進展するに至らば対南方問題解決の為武力を行使することあり 三、前二項武力行使の時期、範囲、方法等に関しては情勢に応じ之を決定す四、武力行使に当りては戦争対手を極力英国のみに局限するに努む但し此の場合に於ても対米開戦は之を避け得ざることなるべきを以て之が準備に遺憾なきを期す第四条も省略~~大本営陸軍部?海軍部連名の『「世界情勢の推移に伴ふ時局処理要綱」提案理由』国立公文書館アジア歴史資料センターレファレンスコードC12120200900から引用します。~~欧州戦争に於ては既成勢力は正に新興国家軍の威力に屈指僅かに英国一国を残すに止り情勢推移の急激なるを予測せしむるものあり。中略更に帝国が英米依存の態勢より脱却し日満中を骨幹とし概ね印度以東濠州新西蘭以北の南洋方面を一環とする自給態勢を確立するは当面帝国の速急実現を要すべき所にして而かも是が達成の機会は今日を措き他日に求むることきわめて困難なるべし軍備充実完成後に於ける米国の極東政策と国力充実に伴うソ連邦将来の動向とを考察するに特に然りとす。抑々南方問題解決の為外交施策に依るものは直ちに之が実施に移り速に所期の目的を達すること勿論なりと雖も之に依り目的を達成し得ざるか或は更に徹底的に南方問題の解決を求むる為には武力行使を予期せざるべからず。~~要するに、欧州でドイツに抗しているのは英国だけで、英国が東南アジアの植民地防衛に手が割けない内に、それを取れば資源の対英米依存から脱却出来る、ただ、日中戦争と対英戦争の両方同時を避ける為に、『日中戦争をほぼ片付けたら』が一応の条件ではあった、って事ですね。この時点での米国の経済制裁は実害は殆んどない様なものだったので、『日中戦争を概ね片付けたら』と言う条件付きでもokでした。の三国同盟に関する御前会議での議論を「杉山メモ 上」原書房?2005年7月から引用します。P49原枢密院議長『米国は最近英国に代り東亜の万人を以て任じ日本に対し圧迫を加えあるも尚日本を独伊側に加入せしめざらんが為可なりの手控えあるべし。然るに此条約の発表により日本の態度明白とならば極力日本に対する圧迫を強化し極力蒋を援助し日本の戦争遂行を妨ぐべく又独伊に対し宣戦しあらざる米国は日本に対しても宣戦する事なく経済圧迫を加うべく日本に対し石油、鉄を禁輸し又日本より物資を購入せず長期に亘り日本の疲弊戦争に堪えざるに至らしむる如く計うべしと考う。企画院総裁の説明によれば凡有手段を尽して鉄石油の取得を計るとの事なるも不確実なり。又外相の説明も急の間に合わぬ。量も少量なり。石油なくして戦争遂行不可能なり。蘭印の石油資本は英米にして和蘭政府は英国に逃れ居る関係上平和的手段にて蘭印より石油を獲得する事は不可能と考うるが政府の所見承り度。』P49松岡外務大臣今や米国の対日感情は極端に悪化しありて僅かの気嫌取りして恢復するものにあらず。只々我れの毅然たる態度のみが戦争を避ぐるを得べし。P51原枢密院議長米国は自負心強き国なり。従って我国の毅然たる態度の表示が却って反対の結果を促進することなきやとも考う。外務大臣尤もなるも日本は西班牙にあらず。極東に強大なる海軍力を擁する強国なり。成る程米国は一時硬化せんも冷静に利害を算討し冷静なる態度に立ち帰るべしと考う。固より彼れが益々硬化して一層険悪なる状態となるか彼れが冷静反省するかの公算は半々なるべし。~~つまり、米国による経済制裁強化はあるかも知れないが、日本が《毅然たる態度》を示せば、三国同盟にある様な『アジアの盟主、日本』を戦争をして迄止める事は米国はしないだろう、って判断ですね。勿論、史実は、『日中戦争は片付けられない一方で、経済制裁は強化された』訳ですが…>ソ連に的を絞ってドイツと挟み撃ちすれば日ソ中立条約は、松岡外相の『四国同盟』構想の現れであるのは有名なんでご存知ですよね。独ソ戦が始まると、松岡外相は対ソ攻撃を主張しましたが、結局は南方進出を取り敢えず優先する決定をしました。御前会議決定『情勢ノ推移ニ伴フ帝国国策要綱』国立公文書館アジア歴史資料センターレファレンスコードC12120183800~~第一 方針 1、 帝国は世界の情勢変転の如何に拘らず大東亜共栄圏を建設し、以て世界平和の確立に寄与せんとする方針を堅持す 2、 帝国は依然支那事変処理に邁進し、かつ、自存自衛の基礎を確立する為南方進出の歩を進め、又情勢に応じ北方問題を解決す 3、 帝国は右目的達成の為、如何なる障害をも之を排除す第二 要綱 1、 蒋政権屈服促進の為、更に南方諸地域よりの圧力を強化す情勢の推移に応じ適時重慶政権に対する交戦権を行使し、かつ、支那に於ける敵性租界を接収す 2、 帝国は其の自存自衛上南方要域に対する必要なる外交交渉を続行し、其の他各般の施策を促進す之が為、対英米戦準備を整え、先づ「対仏印泰施策要綱」および「南方施策促進に関する件」に拠り、仏印および泰に対する諸方策を完遂し、以て南方進出の態勢を強化す帝国は本号目的達成の為、対英米戦を辞せず 3、 独「ソ」戦に対しては、三国枢軸の精神を基調とするも暫く之に介入することなく、密かに対「ソ」武力的準備を整え自主的に対処す 此の間固より周密なる用意を以て外交交渉を行う独「ソ」戦争の推移帝国の為有利に進展せば、武力を行使して北方問題を解決し北辺の安定を確保す 4、 前号遂行にあたり各種の施策、就中武力行使の決定に際しては、対英米戦争の基本態勢の保持に大なる支障なからしむ 5、 米国の参戦は既定方針に従ひ、外交手段其の他有ゆる方法に依り極力之を防止すべきも、万一米国が参戦したる場合には帝国は三国条約に基き行動す 但し武力行使の時機および方法は自主的に之を定む 6、 速に国内戦時体制の徹底的強化に移行す 特に国土防衛の強化に勉む 7、 具体的措置に関しては別に之を定む ~~『如何なる障害をも之を排除す 』とか南方進出の為には『本号目的達成の為、対英米戦を辞せず』とか威勢の良い文句が書いてありますが、実際には、当時の政府軍首脳の中で『そこまでの固い決意』が共有されていた訳ではなく、だから、南部仏印進駐が、ルーズベルト大統領自身による事前の示唆通りに『石油禁輸』の引き金になってしまって真っ青になった訳ですが、『対英限定戦争だけでアジアの覇者になる』と言うシナリオと『独ソ戦に乗じてソ連と戦い、北方問題を片付ける』と言うシナリオのどちらが魅力的か、と言ったら、そりゃ後者であるのは間違いないでしょう。むしろ、三国同盟締結後対米関係は悪化の一途を辿っていて、米国との戦争のリスクは高まりこそすれ解消の方向なんて全然見えなかったのですから、ここで対ソ戦争に踏み切る、って事は、対米戦争のリスクも増す事はあっても減る訳はないのですから、下手をすると、対中国蒋介石政権に対ソ戦が乗っかる上に、更に加えて対米戦争の可能性も意識せざるを得ない、そうした状況で対ソ戦に踏み切らなかった事を『連携が悪い』ってな整理をしてしまうのはどうかと思いますよ。対ソ戦争に踏み切ると米国の参戦も防げたかも、と質問者の方が思われる理由は私にはわかりませんが、『防げなかったら』って考えない程には、日本の首脳も○ホじゃないでしょう。ソ連を攻めるメリットは日本にはありませんよ。極寒で広すぎるシベリアを攻める厳しさはシベリア出兵で体験済みだし。日本の目的は日中戦争を継続し、中国アジアを制して列強に並ぶこと。そこの利権を持ったり狙う米英と利害が対立するのは明らかです。「日本が英米を刺激せず、ソ連に的を絞ってドイツと挟み撃ち」と言うのはドイツ側の願望であって、日本に得はありません。東方から日本がソ連を攻めたとして、数十万の犠牲のもとにシベリアの凍土を入手出来るだけ。日本が三国同盟に期待していたことは「日本が英米を刺激大陸侵略しても、三国が結束することで英米に手を出させない」であり、同盟の為に米英を刺激大陸侵略しないと言うのは日本から言えば本末転倒であり、そんな事をしなければならないなら初めから同盟なんて結んでいませんよ。まして同盟締結時、日本は「ゆくゆくはソ連も入れて4か国同盟を組んで米英に対抗する」と言う考えを抱いていた位で、ソ連を潰すなんて初めから埒外でした。ようは日本とドイツはまったく別の目的のもとに同盟を組んでしまっていたので、連携なんて取れる訳がないのです。そもそも、当のドイツは同盟国である日本に全く通達しないままソ連に侵攻しているくらいで、同盟国との連携という考えがあったかすら怪しい物です。いや同盟と言っても表面上だけで、大日本帝国はナチスの事もイタリアも本音では軽蔑していましたよ。当時の日本には日本の事情があったわけですから。いやそもそも、英仏との戦争が勝ってないのにソ連に侵攻し始めたりするドイツがあほやろ。なんで「自分から挟み撃ちになりに行くんだ」と。しかもそれまで不可侵条約を締結していて、「自分から敵にしなければなんの問題もない」のに。政治的主張の違いで「いずれやんなきゃいけない」って言っても、それってフランス?イギリスとの戦争に「勝ってからでも間に合う」よね。日本はもともと中国と戦争をしていて、それに対してアメリカが「中国虐めんのやめろや」って言って戦争になった経緯があるんで、アメリカとの戦争は「勝てない戦争とはいえ理由はある」。ドイツが中東や北アフリカに攻め込んだのも資源確保と考えればまだわかるけど、あのタイミングでソ連に攻め込んだのは納得がいかん。日本陸軍は相手にならない、戦車がなかった。ソ連と戦うを陸軍は嫌ってます。そもそもソ連と戦ったところで、中華民国との停戦には至りません。中華民国との停戦が出来なかったのが原因で、英米と戦争をする事になったという流れはちゃんと理解してます?中華民国に侵略したとか馬鹿な事を書いてる人居ますが、それも間違いですから。日本は停戦合意が不可能と判断される以前に、中華民国に対しての侵略行為は一切行っていません。連携取れていませんね。ヒトラーさんが訳わかんない。1936年に日独防協定を、1937年にはイタリアが入って日独伊防共協定を結んでおきながら1939年には独ソ不可侵条約を結んじゃう。かと思ったら1940年には軍事面強化して日独伊三国同盟締結。ま、これは具体的には欧州、アジアどちらにでもにアメリカが参戦したら自動的に3か国で戦うって言う意味では連携は取れてはいますけれど。この流れでは日独伊で対ソ戦を協働して戦うって言う前提が無いですね。アメリカが外交で日本ともっとまともに話し合っていて、資源の確保が出来ていたら。日本陸軍は日ソ不可侵条約破ってソ連攻めていたかも。日ソ不可侵条約締結が1941年4月、ドイツのソ連侵攻が同年6月だからたった2か月で条約破るには相当な無理くりの理由が必要ですけどね。ソ連からドイツ攻めてくれれば3国同盟を根拠にできるかもですが。でも以上のざっとした流れで日独協働は無理でしたね。ヒトラーさんが日本に対ソ戦の構想流していないから。資源の宝庫である満州安全のためにソ連を叩く理は有るんですよね。史実ではソ連に火事場泥棒で取られたから分かる通りソ連は狙ってたわけで。もしもの世界では1941年にソ連を日独でやっつけていればとは思いますねw日独伊の大まかな計画では?日本はインドを解放し、中東に進出。?独伊はエジプトから英国を駆逐し中東に進出。?ここで日独伊が直接手を結ぶって言う想定は有ったみたいです。地図見れば分かるでしょ。独伊と日本の間は全部連合国の領域です。一部の潜水艦しか連絡取れないのは有る意味当然でしょ。日本が何で戦争したか知ってて言ってるの?資源を経済封鎖で絞られたから。ソヴィエトだけと戦争して資源何とかなるの?考えが浅はか。最も懸命なのは、日本は、中国侵略と朝鮮併合を止めて、三国同盟を結ばず、英米と提携し、フランスにはインドシナを独立させ、オランダにはインドネシアを独立させ、英国にはインド等を独立させ、アメリカにはフィリピンを独立させ、中国にはチベット、ウイグル等を独立させるように平和裏に呼びかけ、中華民国政府とは防共協定を結ぶことです。それらを行うことにより、日本は真にアジアの盟主となり、経済的にも繁栄することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です