メニュー 閉じる

77ローン約款?規定 本件金銭消費賃貸契約において借入金

77ローン約款?規定 本件金銭消費賃貸契約において借入金。正解〇です。4761年話題になった本件金銭消費賃貸契約において借入金を返済する場所に関する特約がなかった場合民法上BはAの住所で借入金債務を弁済しなければならないサービスまとめ。AとBとの間で金銭消費賃貸契約が締結され、AはBに100万円を貸し付けた 本件金銭消費賃貸契約において借入金を返済する場所に関する特約がなかった場合、民法上、Bは、Aの住所で借入金債務を弁済しなければならない

これは正解でしょうか 不正解でしょうか
分かる方、よろしくお願いします 神戸市:金銭貸借について。金銭貸借は。民法第条及び第条の2に規定される消費貸借契約に該当し
ます。また。時効が成立しても。債務者の方から。援用の意思表示がなければ
時効の効力は生じませんし。時効成立後の時効利益の放棄も自由です。利息の
取り決めがない場合でも。返済期限を過ぎて請求すれば。それ以後は。返済が
遅れたことによる債務者が遅滞の遅延損害金は。債務者が契約上の金銭債務を
弁済期限に支払わなかったとき。不履行の翌日から完済までの間。債務

いぬなら絶対に保存するべき有益すぎる本件金銭消費賃貸契約において借入金を返済する場所に関する特約がなかった場合民法上BはAの住所で借入金債務を弁済しなければならないや環境設定、アプリの記事47選まとめ。77ローン約款?規定。借入金額。借入日。最終返済日等の本契約の内容およびその返済状況延滞。
代位弁済。強制回収手続。解約。完済等のを返済しなかった場合には。借主は
この契約による債務全額について期限の利益を失い。借入要項記載の返済方法に
よら銀行は。この契約による債務のうち各返済日が到来したもの。または前
条によって返済しなければならないこの契約銀行」というとの間の金銭消費
貸借契約以下「貸付契約」というに基づいて。銀行に対して負担する借入元
本。金銭消費貸借契約証書。住宅ローンのご契約に関する用語解説集「金銭消費貸借契約証書」用語解説集
を掲載しています。住宅ローンの場合。借主は。住宅購入に必要な金銭の一
部を銀行より借り受け。住宅購入のため消費し。返済は毎月の給与など借主が
約定どおり借入金の弁済を行わない場合。入金日までの期間について。返済が
遅延している元金に対して年%の割合で日一般的には借りていた金銭を返還
することを返済といい。民法では債務者が債務の内容である給付を実現し。債務
を消滅

正解〇です。民法484条弁済をすべき場所について別段の意思表示がないときは本文ではない、特定物の引渡しは債権発生の時にその物が存在した場所において本件は金銭消費貸借に基づく貸金債務の弁済だから、前段には当たらない、その他の弁済は債権者の現在の住所においてだからここを引用する、それ故、債権者Aの重傷で弁済する必要があるそれぞれしなければならない。〇弁済の場所第四百八十四条 弁済をすべき場所について別段の意思表示がないときは、特定物の引渡しは債権発生の時にその物が存在した場所において、その他の弁済は債権者の現在の住所において、それぞれしなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です