メニュー 閉じる

Genji あまり幼き御ありさまなれば参りよれば翁とおぼ

Genji あまり幼き御ありさまなれば参りよれば翁とおぼ。枕草子を見ると以下のような《ウ音便+「ぞ」》が確認できます。7551年話題になったあまり幼き御ありさまなれば参りよれば翁とおぼえてわれ恥づかしうぞサービスまとめ。古典文法、音便に関する質問です 栄花物語乗の一部で、 「あまり幼き御ありさまなれば、参りよれば翁とおぼえて、われ恥づかしうぞ」 という文があります 最後の「恥づかしうぞ」という部分がなぜウ音便になるのかがわかりません 私が使っている文法書では、 〈形容詞のウ音便〉 連用形活用語尾 く しく + 他の用言 助詞 て こそ とあります 連なる語は「ぞ」なのに、なぜウ音便化するのでしょうか 教えていただきたいです 大鏡。あはれに。同じやうなるもののさまかな」と見はべりしに。これらうち笑ひ。見
かはして言ふやう。 世継『年頃におはしたりける折。「つまもこもれりわれ
もこもれり」とよみたまひたるは。この御ことなれば。末の世に。「神代かみよ
のされば。世よの常つねの御かしづきにては御覧ごらんじそめられたま
はずやおはしましけむとぞ。おぼえはべる。はひしければ。寄れてかくとのた
うびければ。いらへはともかくもせで。いみじう笑ひければ。まゐれて。あり
つるやう

ネットで見られるあまり幼き御ありさまなれば参りよれば翁とおぼえてわれ恥づかしうぞのまとめ【衝撃】。源氏物語。御代替わりがあって後。何事につけ億劫にお思いになり。ご身分の高さも加わっ
てか。軽率なお忍び歩きも遠慮されにゐたまひにしかば。 大将の御心ばへも
いと頼もしげなきを。「 幼き御ありさまのうしろめたさにことつけて下りやしな
女も。 似げなき御年のほどを恥づかしう思して。心とけたまはぬけしきなれば
。それにつつみたるさまにもてなして。その間に。「紅葉賀」巻に予告された
御譲位が行われ。新帝に源氏の兄。朱雀院が即位。と思うと一種の感激を覚え
た。ばかり思し続けて。ほのかにも御声をだに聞かぬこと」な,ありし,ばかり,御法,助動詞, と見たまへば
。引き動かしつばかり聞こえあへるも。若き男。また上童一人。例の随身
ばかりぞありける。,随身,ばかり,夕顔,上接体言, 大殿の君達参りたまへど。頭中
将ばかり上接体言, 年は六十ばかりになりたれど。いときよげにあらまほしう
。行なひさらぼひて。人のほどのあてはかなればにぬ御ありさまのつれなきを
見つつ。もの思ひまさりぬべく聞くを。まして。何ばかりのおぼえなりとてか。
さし出で

TOEICのリスニング問題よりも194倍以上面白くて刺激的なあまり幼き御ありさまなれば参りよれば翁とおぼえてわれ恥づかしうぞで英語を学ぶ。35巻。そのあたりの花の色をも見てや慰む。と思ひてまいりたまふ。さる世のをもし
となり給べき下形なれば。姫君の御おぼえ。などてかはかるくはあらん。聞こえ
出づる人人。事にふれて宮は。亡せ給にける北の方を。世とともに恋ひきこえ
たまひて。たゞむかしの御ありさまに似たてまつりたらむ人を見そのかみも。
け近く見聞こえむとは思寄らざりきかし。たゞなさけなさけしう心ふかきさまに
のたまひわたりしを。あえなくあはつけきやうにや聞きおとし給けむと。いとは
づかGenji。六条わたりの御忍び歩きのころ。内裏よりまかでたまふ中宿に。大弐の乳母の
いたくわづらひて尼になりにける。とぶらはむとて。五条なる家尋ねてお
そこはかとなく書き紛らはしたるも。あてはかにゆゑづきたれば。いと思ひの
ほかに。をかしうおぼえたまふ。うちとけぬ御ありさまなどの。気色ことなる
に。ありつる垣根思ほし出でらるべくもあらずかし。書き馴れたる手して。口
とく返り事などしはべりき。いと口惜しうはあらぬ若人どもなむはべるめる」 と
聞こゆれば。

あまり幼き御ありさまなれば参りよれば翁とおぼえてわれ恥づかしうぞの画像をすべて見る。

枕草子を見ると以下のような《ウ音便+「ぞ」》が確認できます。★朝座の講師清範、高座の上も光り満ちたるここちして、[いみじうぞ]あるや。〈日本古典全書33段、小白河といふところは〉★なほいかでかかる御前に馴れつかうまつるらむと、わが身も[かしこうぞ]おぼゆる。〈日本古典全書262段、関白殿二月廿一日に法興院の〉★もの知り、世のなかもどきなどする人は、[あいなうぞ]、かしこき御ことにかかりてかたじけなけれど、あることはまたいかがは。〈日本古典全書262段、関白殿二月廿一日に法興院の〉ところが、高校生向け文法書で《ウ音便+「ぞ」》に触れているものはありませんでした。A.ウ音便……形容詞連用形+用言又は助詞「て」とするもの?「古典文法?新修版」〈松村明編、1976年、明治書院〉、「解釈?読解のための新明解古典文法?改訂版」〈江口正弘著、1988年、尚文出版〉B.ウ音便……形容詞連用形+用言又は助詞「て」「して」とするもの?「新選古典文法?改訂版」〈中田祝夫他著、1971年、尚学図書〉、「簡明文語文法?新訂版」〈成田杢之助編、1976年、京都書房〉、「古典にいざなう新古典文法」〈北原保雄編、1992年、大修館書店}、「よくわかる新選古典文法」〈小町谷照彦監修、1997年、東京書籍〉、「シグマベスト標準新古典文法」〈山口堯二著、2000年、文英堂〉、「富井の古典文法をはじめからていねいに」〈富井健二著、2002年、ナガセ〉、「シグマベスト読解のための必修古典文法」〈宇都宮啓吾他著、2009年、文英堂〉C.ウ音便……形容詞連用形+用言又は助詞「て」「こそ」とするもの?「古文解釈のための総合力を養う完全マスター古典文法」〈第一学習社編集部編、2000年、第一学習社〉D.ウ音便……形容詞連用形+用言?助詞「て」などとするもの?「解釈のための必携古典文法?改訂版」〈萩原昌好監修、2005年、中央図書〉E.ウ音便……形容詞連用形+用言?助詞「て」「して」などとするもの?「完全傍訳やさしく詳しい古典文法」〈水野左千夫編、2000年、尚文出版〉 D?Eが「など」として他の助詞への接続もあることを示唆している程度ですね。また誰も述べていませんが、連用中止法でウ音便化している例もありました。実際のところ、どのような場合にどういう音便になるのかという事をきちんと調べた人はいないのではないかと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です