メニュー 閉じる

NHK受信料 NHKとの契約に関して放送法には受信機器を

NHK受信料 NHKとの契約に関して放送法には受信機器を。契約の細かい事は「受信契約規約」と呼ばれる契約書の約款にあたる部分に書いてありますよ??^^詳しくは受信契約規約第1条第2項をご覧下さい。なぜかお金が貯まる人が「NHKとの契約に関して放送法には受信機器を設置した者はNHKとの契約をしなくてはならないと記述がありますがどういった内容の契約をする受信料を払うなどの記述はありません」にしている 52の習慣。NHKとの契約に関して、放送法には「受信機器を設置した者はNHKとの契約をしなくてはならない」と記述がありますが、どういった内容の契約をする、受信料を払うなどの記述はありません この場合、受信者が契約内容を提示してNHK側と契約出来ますか
勿論、公序良俗に反さない範囲での契約内容です

もしNHKが契約を拒めばNHK自体が放送法違反になりそうですが??? NHK受信料の窓口。放送受信規約についてご案内しているページです。放送法昭和年法律第
号第条第1項の規定により締結される放送の受信についての契約は。次
の条項によるものとする。した者は地上契約。衛星系によるテレビジョン放送
を受信できるテレビジョン受信機を設置した者は衛星契約を締結しなければ
ならない。第3条 受信機を設置した者は。遅滞なく。次の事項を記載した放送
受信契約書を放送局NHKの放送局をいう。以下同じ。に提出しなければ
ならない。

サルの分野は、NHKとの契約に関して放送法には受信機器を設置した者はNHKとの契約をしなくてはならないと記述がありますがどういった内容の契約をする受信料を払うなどの記述はありません、数学、統計学、コンピュータ言語。NHKとの受信契約は受信機を持った者の義務。の受信契約については。放送法条項は「協会の放送を受信することの
できる受信設備を設置した者は。協会とその放送の受信についての契約をし
なければならない。」と規定していますが。最高裁は。これを。テレビ2018。は。放送法に基づくNHKの受信契約制度を「合憲」とし。NHKとの間で受信
契約を締結しておらず。これまで受信を受信することのできる受信設備を設置
した者は。協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。訴訟
提起をした時から。同条項がある以上。NHKによる受信契約締結の申込みが
受信機設置者被告のこと。を提起され。判決が確定すれば受信設備を設置
した月からの受信料全額を支払わなくてはならないこととなりました。

NHK受信料。NHKの言う法的根拠とは。この放送法条項の『協会の放送を受信すること
のできる受信設備を設置したものは。境界とその放送の受信についての契約をし
なければならない』という部分ですが。この条文から集金人の?法律で決まってい

契約の細かい事は「受信契約規約」と呼ばれる契約書の約款にあたる部分に書いてありますよ??^^詳しくは受信契約規約第1条第2項をご覧下さい。ご質問があれば、どうぞ??^^質問がよくわからんが兎に角テレビはこの上ない危険物だよ。なぜ、危険物に指定しないのか理解不能だな。受信者が契約内容を提示してNHK側と契約することはできません。放送法64条3項により、NHKは受信契約の条項につき総務大臣の認可を受けなければならず、NHKは受信契約の条項を定めるものとして日本放送協会受信規約を策定し、総務大臣の認可を得ています。放送法受信契約及び受信料第六十四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。2 協会は、あらかじめ、総務大臣の認可を受けた基準によるのでなければ、前項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料を免除してはならない。3 協会は、第一項の契約の条項については、あらかじめ、総務大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。4 協会の放送を受信し、その内容に変更を加えないで同時にその再放送をする放送は、これを協会の放送とみなして前三項の規定を適用する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です